企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は

無料です。

代表弁護士 小川敦也

東京弁護士会

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

第2大正ビル

最寄駅

錦糸町

押 上

電 話

03-5819-0055

都水道局員の停職処分取り消し 東京地裁、賠償命令も

事 案

東京都水道局職員の40代の男性が「遅刻が多いなどとして停職にされたのは不当だ」として都に約550万円の損害賠償などを求めた訴訟。都水道局は、男性が200609年に約70回遅刻し、出勤記録を部下に修正させたとして、10年7月に停職3カ月にした。男性は「電車の遅延など正当な理由があった」などと主張していた。

結 果

部下の記憶が不明確なことなどから「全てが遅刻とは認められず、遅れた日や回数を特定することは困難。他の職員への事情聴取など調査を尽くさずに処分した」とし、遅刻の事実が認められないとして停職を取り消し、約380万円の支払いを命じた。

出 典

2013/6/7 12:21 日経新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0605E_X00C13A6CC0000/ 

企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。

代表弁護士 小川敦也 東京弁護士会


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
企業法務、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。弁護士、税理士、司法書士、社労士、各分野の専門家と提携して企業経営をトータルサポート致します。