企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は

無料です。

代表弁護士 小川敦也

東京弁護士会

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

第2大正ビル

最寄駅

錦糸町

押 上

電 話

03-5819-0055

法人破産

会社の損害拡大を防ぎ,

従業員の経済的再生を早期に図る

正しいタイミングで事業から撤退する

勇気も経営者には要求されます。

事業から一度撤退しても,

再出発は可能です。

アライアンス法律事務所が

応援致します

法人破産:初回相談のチェックポイントは

 法人破産に関する最初のご相談では、以下の点について聞き取りを致します。

①負債の確認

 まずは負債について。債権者に漏れがないようご注意ください。また、連帯保証人や担保がついていないかもご確認ください。

②資産の確認

直近の貸借対照表等を参考に、現状ある資産を換金した場合、いくらになるかを確認します。

③経営悪化の理由

 これまでの経営状況、経営悪化に至った経緯や原因をお伺いします。

以上のことを踏まえ、今後の見通し(リスケジュールの可否、会社再建の可否)を検討して行きます。法人破産は最後の手段といえるでしょう。

【法人破産:初回ご相談でのチェックポイント】

①負債の確認(債権者、連帯保証人の有無、担保の有無等)

②資産の確認

③経営悪化の理由

 貴社の現状を分析するにあたり,以下の事情に関する資料をご用意ください。

・会社の会計状況

・会社の保有資産に関する情報(不動産,預金,現金,証券,会員権,車両,機械等

・会社の売掛金に関する情報

・役員等の関係者個人の保有資産,保証状況,個人的な借入金

・会社の債権者一覧表(名称,住所,債権の内容・金額,電話番号等,担保の有無)

・主要な取引金融機関に関する情報

・会社の事務所,営業所等に関する情報

・会社の営業を継続するうえでの不可欠な要素に関する情報(許認可,主要取引先,主要な人材等)

・会社が債務者である手形・小切手に関する情報

・租税の支払状況

・裁判や差し押さえ等に関する情報

・倒産に至る経緯・状況等に関する情報

・会社の株主構成,役員構成,定款の内容

会社再建か法人破産か。方針決定の基準は?

聞き取りの結果を踏まえ、今後の方針を検討します。まず検討すべきは、会社の再建が可能なのかどうかです。おおまかな基準としては、会社の営業利益が黒字なのか赤字なのか、早期に営業利益を黒字化できる具体的な見込みがあるかないか、というところでしょう。

法人破産に関するご相談は、お早目に弁護士にご相談下さい。

 

 会社再建は可能か

 どのタイミングで清算すべきか

 従業員の処遇はどうすべきか

 会社再建・法人破産のことは

 墨田区錦糸町・押上

 アライアンス法律事務所まで


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
企業法務、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。弁護士、税理士、司法書士、社労士、各分野の専門家と提携して企業経営をトータルサポート致します。