企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は

無料です。

代表弁護士 小川敦也

東京弁護士会

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

第2大正ビル

最寄駅

錦糸町

押 上

電 話

03-5819-0055

システム・ソフトウェア開発委託契約書

 情報システム・ソフトウェア取引高度化コンソーシアム編「情報システム・ソフトウェア取引トラブル事例集」によると、情報システム・ソフトウェア開発取引において発生したトラブルの主な原因は、以下の3つに分類できます。

()コンピュータシステム開発契約が締結されていないのにシステム開発に着手してしまった

()顧客の要望する業務内容の詳細な把握(業務要件定義)が十分に行われないままソフトウェアが開発されてしまった

()当初から一括して開発請負契約を締結したこと

 これは、・システム・ソフトウェア開発委託契約のトラブルの多くは、その契約を適切に締結することで未然に防げることを意味しています。

システム・ソフトウェア開発委託契約のチェックポイント

システム・ソフトウェア開発委託契約の契約作成にあたっては、上記トラブルの原因に留意し、主に以下のチェックポイントを見ていくとよいでしょう。

1.開発規模

ソフトウェアの開発期間・工数・報酬など

2.契約形態

  契約当事者の役割分担・成果物の有無・作成主体・報酬の定め方

3.仕様

  仕様の確定の有無、仕様確定までのスケジュール

4.瑕疵担保責任

  保守契約の有無、その時期など

5.損害賠償責任の制限

  損害賠償額の上限

6.権利の帰属・権利の承諾

  開発するソフトウェアの利用目的

7.下請法

  下請法の適用の有無


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
企業法務、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。弁護士、税理士、司法書士、社労士、各分野の専門家と提携して企業経営をトータルサポート致します。