企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は

無料です。

代表弁護士 小川敦也

東京弁護士会

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

第2大正ビル

最寄駅

錦糸町

押 上

電 話

03-5819-0055

整理解雇とは

  使用者側の経営上の理由により生じた従業員削減の必要性に基づいて労働者を解雇することを「整理解雇」といいます。長引く経済情勢の悪化の中で,整理解雇の相談の割合も高まっています。

整理解雇と解雇権濫用

  整理解雇については,労働契約法16条(解雇権濫用法理)が適用され,解雇権濫用と判断された解雇は無効となります。整理解雇については,以下の4要件を満たさない場合には,解雇権の濫用と判断されます。

(1)人為に削減の必要性

(2)解雇回避措置を講じたこと

(3)解雇される者の「選定基準」及び「選定」の合理性

(4)事前に,説明・協議義務を尽くしたこと

(1)人員削減の必要性の判断要素(要件1)

  人員削減の必要性の判断は,収支や借入金の状態,資産状況の他,人件費や役員報酬の動向,新規採用・臨時工などの人員動向,業務量,株式配当などから判断されます。

(2)解雇回避措置の判断基準(要件2)

  使用者は,経費削減,新規採用の停止,労働時間短縮や賃金カット,配転,出向,一時帰休,希望退職募集など他の雇用調整手段によって解雇回避の努力をする信義則上の義務を負います。これらがなされることなく,解雇された場合には,解雇が無効になることがあります。

(3)解雇される者の選定基準及び選定の合理性(要件3)

  被解雇者の選定は,客観的に合理的な選定基準を事前に設定し,公正に適用しなければなりません。選定基準には労働力評価を基準とするものや年齢を基準とするものなど様々ですが,雇用形態に着目して正規雇用労働者よりも非正規労働者を優先的に解雇することも合理的であると,一般には解されています。

(4)事前に,説明・協議義務を尽くしたこと(要件4)

  使用者は,労働尾組合や労働者に対して,整理解雇の必要性とその内容(時期・規模・方法)及び解雇に対する補償内容などについて納得を得るために説明を行い,誠意をもって協議すべき義務があり,これを怠った場合には,解雇が無効になることがあります。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
企業法務、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。弁護士、税理士、司法書士、社労士、各分野の専門家と提携して企業経営をトータルサポート致します。