企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は

無料です。

代表弁護士 小川敦也

東京弁護士会

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

第2大正ビル

最寄駅

錦糸町

押 上

電 話

03-5819-0055

派遣元事業主の安全配慮義務

 派遣元事業主は、派遣労働者と雇用関係にある以上、派遣労働者に対し、安全配慮義務を負うことになります(労働者派遣事業における労働基準法等の労働法規の適用については、原則として派遣中の労働者と労働契約関係にある派遣元が責任を負います。災害補償についても、派遣社員と雇用関係にある派遣元会社が負うこととされています。このため、労災保険についても、派遣元での適用となり、派遣元の労災保険に基づいて保険給付を受けることとなります。)。

派遣先事業主の安全配慮義務

他方で、労働者派遣の場合、派遣労働者を指揮命令するのは派遣先事業主ですから、派遣先事業主も派遣労働者に対し安全配慮義務を負うことになります。したがって、派遣先事業主に安全配慮義務違反が認められた場合、派遣労働者は派遣先事業主に対し損害賠償請求をすることができます。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
企業法務、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。弁護士、税理士、司法書士、社労士、各分野の専門家と提携して企業経営をトータルサポート致します。