企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は

無料です。

代表弁護士 小川敦也

東京弁護士会

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

第2大正ビル

最寄駅

錦糸町

押 上

電 話

03-5819-0055

休日付与義務

休日付与義務

労働基準法351項により、使用者は労働者に、毎週少なくとも1回の休日を与えなければなりません。

このような最低限度の休日を法定休日といいますが、これを超える休日は法定外休日と呼ばれます。法定休日の労働には3割5分以上の割増賃金を支払う必要があるのに対し、法定外休日の労働にはその必要はなく、週の法定労働時間を超える場合に2割5分以上の割増賃金を支払えば足ります。そこで、いずれが法定休日にあたるかを就業規則などにより明示することが望ましいとされています。

 

外国人実習生に休日与えず、社長ら略式起訴

 東証2部上場の土木機械メーカー「フリージア・マクロス」(東京都千代田区)の関連会社が、外国人労働者に適切に休日を与えていなかったとして、東京地検は6日、「フリージア・マクロス」の奥山一寸法師社長(53)と関連2社を、労働基準法違反で東京簡裁に略式起訴した。

 起訴状では、奥山社長が2012年9月、関連の輸入住宅販売会社と建設会社にそれぞれ勤務していたベトナム人の技能実習生計3人に、同法で定められている1週間に1回の休日を与えなかったとしている。奥山社長は両社の社長や役員を兼務している。地検によると、両社では、外国人実習生に月2~3回しか休日を与えないことが常態化していたという。

2014361249  読売新聞)

 

休日とは

休日とは

 休日とは、労働契約上あらかじめ定められた、労働者が労働義務を負わない日をいいます。あらかじめ労働義務が存在しないものとされている点で、単なる休業日とは異なります(出張期間中の休日は、物品の監視など特別の指示のないかぎり、移動日であっても休日として扱うことができるとされています。

休日の単位

休日の単位

休日とは、単なる継続24時間では足りず、午前0時から午後12時までの暦日をいうのが原則です。ただし、交替制勤務者については、一定の場合に継続24時間を休日として与えればさしつかえないとされており、旅館業や自動車運転者についても一定の特例が認められています。

これに対して、休日を与える単位となる「週」とは、日曜日から土曜日までの暦週に限られず、継続した7日間であれば足ります。そこで、事業場の就業規則などにおいてある曜日が週の起算点として定められていればそれによることができますが、定めがない場合には暦週が単位となり、日曜日が起算点となります。なお、週1回の休日を与えていれば、その曜日は問いません。

変形休日制

変形休日制

使用者が4週間を通じ4日以上の休日を与える場合には、週休1日の原則は適用しないとされています。これを変形休日制といいますが、この制度を実施するためには、変形制の単位期間の起算点を就業規則等に記載することが必要です。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
企業法務、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。弁護士、税理士、司法書士、社労士、各分野の専門家と提携して企業経営をトータルサポート致します。