企業法務、人事・労務管理、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は

無料です。

代表弁護士 小川敦也

東京弁護士会

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

第2大正ビル

最寄駅

錦糸町

押 上

電 話

03-5819-0055

入社時の労務管理の重要性

 入社時における労務管理は、将来起こりうるトラブルを防止し、さらには良好な労使関係を築く基礎となる重要な手続きです。

試用期間

 使用期間とは、使用者が労働者を採用した場合に、直ちに本採用とはせず、一定の試験的な使用期間を設け、その期間中に勤務態度、能力、技能、性格等を見て、相当期間後に、正式に採用するかどうかを決めるというものです。試用期間の期間としは、通常は3ヶ月程度、長くても6か月が多いようです。労務管理上、試用期間中のトラブルとして多いのは、試用期間中の本採用拒否に関するものです。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
企業法務、労働問題に関するご相談は、東京都墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。労働審判を申し立てられた経営者の方からのご相談は無料です。弁護士、税理士、司法書士、社労士、各分野の専門家と提携して企業経営をトータルサポート致します。